2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

更新ちう!

お知らせ

  • カーソルとプロペラ
無料ブログはココログ

« | トップページ | 7月4日曇り »

2011年7月 1日 (金)

7月1日曇り時々雨

おはようでごんす。

昨日からのマイナスオーラがまだ残ってて週末なのにドンヨリしてます


天気も、どんより
午前ちゅ降水確率70%午後30%まさに

でも、週末ってことがせめてもの救い
早く時間たたないかなー!

--------------------------------------


そう言えば、怖い話とか言ったのにちょっとズレてきてるという指摘を受けたのでたまには怖いのにします

-

-

<今日のおはなし

おい、まだかよ?」
俺は、女房の背中に向かって言った。どうして女という奴は支度に時間が掛かるのだろう。
「もうすぐ済むわ。そんなに急ぐことないでしょ。…ほら翔ちゃん、バタバタしないの!」
確かに女房の言うとおりだが、せっかちは俺の性分だから仕方がない。
今年もあとわずか。世間は慌しさに包まれていた。
俺は背広のポケットからタバコを取り出し、火をつけた。

「いきなりでお義父さんとお義母さんビックリしないかしら?」
「なあに、孫の顔を見た途端ニコニコ顔になるさ」
俺は傍らで横になっている息子を眺めて言った。
「お待たせ。いいわよ。…あら?」
「ん、どうした?」
「あなた、ここ、ここ」女房が俺の首元を指差すので、触ってみた。
「あっ、忘れてた」
「あなたったら、せっかちな上にそそっかしいんだから。こっち向いて」

「あなた…愛してるわ」女房は俺の首周りを整えながら、独り言のように言った。
「何だよ、いきなり」
「いいじゃない、夫婦なんだから」
女房は下を向いたままだったが、照れているようだ。
「そうか…、俺も愛してるよ」こんなにはっきり言ったのは何年ぶりだろう。
少し気恥ずかしかったが、気分は悪くない。俺は、女房の手を握った。
「じゃ、行くか」「ええ」

俺は、足下の台を蹴った。
 

------------------------------------

<ヴィクトリアGHで> インしたとたん二人ねてたZ!!


L

そんなところを激写です!! 昨日はちょっと疲れて気が張ってたのでこれみてまじ癒されました/// -------------------------------------- 追記ではちょっと変わった人が!今日の日記の改行がちょっとおかしいとかはきにしないでください!

-

-

-

<感想ありがと!>

なによ・・・・うれしいじゃないの・・ばかっ!

P

昨日寝る前に発見した亜急店見つけて耳してみたところ・・・
こんな事いってもらちゃた

最初は少しでもひやっとしてもらえたら・・・と思ったのに、いつのまにか自分特選話みたいになってホラーではなくなっております(

Pp_2

最後の * リアルにうけすぎたwww

あきゅさんがいつも面白いです
鼻と校門のWとか尊敬しちゃう!!あ、Tか。

あー面白かったww
------------------------------------

<今日のおまけのおはなし

呪い真書を手にいれた。
冒頭にこう書いてある。
「これに書かれてある手順を実行すると呪いが成就するが、
手順を間違えるとその呪いは自分に返ってきます。あなたはそれでも実行しますか?」
勿論だ。
俺には許せない奴がいる。
だからこそこの呪い真書を手に入れたのだ。
俺は呪いの手順を始めた。

「1.まずはじめに目を閉じて呪いたい相手の顔を思い浮かべます」

忘れたくても忘れられるものか、と俺は奴の顔を思い浮かべた。
よし、次だ、どれどれ・・・

「2.どんな呪いをかけたいのか思い浮かべます」

考え付く全ての苦痛を与え続けてやる。
よし、次だ。

「3.最後に目を開けます」

<

« | トップページ | 7月4日曇り »

RS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | 7月4日曇り »

アリーナ戦

  • A…紫 B…桃 C…緑 D…白 E…黄 F…青 G…紅 H…黒  I…橙 J…水 K…赤